スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 北海道e-水フォーラム「水が育む生きもの、つながる地域の輪」

11月17日(月)に国際ビルで北海道コカコーラ・ボトリングが主催している 第5回 北海道e-水フォーラム「水が育む生きもの、つながる地域の輪」があり参加してきた。

IMG_0189.jpg


活動報告では、以下のグループからe-水プロジェクトによる助成金での成果発表があった。
どの活動もいろいろな不安や問題に直面しながらも、地域に密着した地道で将来につながるものだと感じた。

・阿寒湖のマリモ保全推進委員会(釧路市)
・NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト(浜中町)
・知床羅臼町観光協会(羅臼町)
・CISEネットワーク(札幌市)
・NPO法人天塩川を清流にする会(天塩町)
・一般社団法人洞爺自然環境共生センター(洞爺湖町)
・NPO法人登別自然活動支援組織モモンガくらぶ(登別市)


つづいて講演「コウノトリと共に生きる ~豊岡の挑戦~」講師:中貝 宗治(なかがい むねはる)氏 (兵庫県豊岡市長)
があり、豊岡市の自然環境に関する活動についてお話があった。

かつてコウノトリを絶滅させてしまったという反省から町ぐるみで、またコウノトリも住める町づくりをめざして活動をされてきた町の話だった。

1960年代コウノトリにも住みやすかった自然は、農薬や人間土地政策などにより変化し、激減した。
何とか人工繁殖を目指すも、最後のコウノリが消えた。
その後、ロシアから同じ種類のコウノトリを譲り受けて繁殖を目指したが、苦難の連続だった。

町はその間にも田んぼを湿原に戻したり、治水面積を縮小したり、冬の田んぼに水を張ったりして、コウノトリも住みやすい環境を作ってきた。
そして2005年、人工繁殖で飼育されたコウノトリが、世界で初めて放鳥された。

また環境経済を進める活動も積極的におこなっており、事例も紹介された。

「願うこと。願い続けること。投げ出さないこと」が好きな言葉だという中貝市長は、「小さな範囲から成功事例を作っていこう」というメッセージも頂いた。


スポンサーサイト

進まない環境保護

10月2日に自由学校「遊」の講座で、「大人の社会学」第一回講義の「進まぬ環境保護」を受講した。
講師は北大教授で自由学校「遊」の共同運営者の宮内 泰介氏。

東北沿岸部の漁村での岩のり採取などの共同作業や風習などの事例や江戸時代と現代の平原面積の比較、葦の植林による新たな自然づくり等の話をとおして、環境と社会についての話を聞いてきた。

セミナー後、環境保護を個人としてどう向かうべきかと質問し、「多くの情報を集め、より冷静に客観的に判断して活動するのがベターではないか」という回答を頂いた。

たしかに情報が少ないと正確な判断ができない。やはり第一に情報収集とその公開が重要だと思う。情報センターをどう作るべきか・・・・。

DSCN4196.jpg

エコアクト北海道の活動休止

検証なき活動は、やはり無謀なのかもしれない。

今後は検証に向けた指標づくりの調査・勉強をしなければ。

その後、改めて環境活動を再開する予定。

再生可能な循環社会をめざして、がんばろう。

エコアクト北海道の活動休止

自分のエコ活動の拠点として、エコアクト北海道というコミュニティをつくったが、活動の評価ができておらず、一旦休止することにした。

まず活動内容がある程度、数値で評価できる指標をつくることが先決。

その後に、改めて環境活動を行うのがベストな選択だと思う。

また多くの環境保護系のNPOや団体も検証は出来ていない。
活動のためのエネルギーや二酸化炭素排出量・環境損失・環境負荷の変化などを示すべきである。

今後も再生可能な循環社会を目指して、もっと勉強しなくては。

3.11後のエネルギー政策 ~脱原発で温暖化対策は可能か~
・・・これからのエネルギー政策を考える

吉田文和教授の「3.11後のエネルギー政策 ~脱原発で温暖化対策は可能か~」の講演と質疑応答が、テキストでも公開された。

URL http://forum.hucc.hokudai.ac.jp/e-talks/doku.php?id=e-talks_1:text

いろいろと納得させられた部分とまだ自分が知らない部分があるということを理解できた。
プロフィール

環境良夫

Author:環境良夫
「北海道の自然環境を学ぶホームページ」を運用しています。北海道の自然環境の現状について調査・分析をしています。どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。