スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街路樹の植物植生

この数年、枯れ葉の時期にふと街路樹を見ると、1本だけ異常に落葉が多い木を見ることがある。
他の木はまったく落葉していないのに1本だけ見事に落葉している所もあった。

これは街路樹の木々が何らかのネットワークを持ち、落葉させる時期を調整しているのではと思う。
落葉するのは、環境による植物ホルモンなどの変化が一般的な見解だと思う。
しかし周辺の木々よりも先に落葉させるのは、何らかの理由があるのではと思う。

仮説1
木々の植物活性が最も弱い木(病弱な木など)から落葉するのではないだろうか。
これは落葉されることにより、他の木々への病気などの蔓延を防ぐ意味があるのでは。

仮説2
越冬準備を他の木々に促すためなのか。イニシエーターとして作用し、街路樹の生存率を
向上させようとしているのではないだろうか。

こうした現象が都市部の街路樹だけで見られるのか、郊外の森林部でも発生しているのか
たいへん興味がある。


スポンサーサイト

小型ソーラーシステムのモニタリング企画

ソーラー発電の問題点として導入コストと電力会社の買取制度があげられる。

対策もいろいろと考えられるが、もっと小型で自宅で使用する電力用として小型のソーラー発電を検討すべきと思う。
そこでそのシステムを無料でレンタルしてもらい一定期間利用者にモニタしてもらう。そしてその結果をレポートしてもらう。
また気に入ればそのシステムを買い取って、継続して使用できるという制度。

執行可能な団体があればぜひやってほしい。
助成金を利用すると比較的容易に実現可能な企画だと思う。

環境負荷の金額換算

再生可能エネルギーでの発電での金額換算をしてみた。
一般家庭で50W程度のソーラー発電をベランダなどに取り付けても、得られる電力は1日200~300WH程度で、1カ月最大でもおよそ10KWH程度。料金換算で月額240~250円程度となる。

金額的には低いが、これが再生可能エネルギーか創られる電気であり、環境負荷やCO2削減量から検討すると経済的価値は大きいのではないか。

今後は環境負荷やCO2削減量も金額換算して電気料金に表示すべきだと思う。
そうした換算基準や計算方法も確立すべきと考える。

来年に向けて

2012年も終わろうとしている。

今年、自分の環境活動は、大きくシフトした。

活動から調査・研究へハンドルをきりなおした。

それは環境活動を数値化して検証するための指標づくりをするためである。
まずは、基準となるインデックスとレベルの分類を考えること。
結局、これが環境活動の近道だと思う。

来年には、何らかの結果を出したい。

エコへの疑問

最近、エコ活動の内容に関してたいへん疑問に感じる。

つまり活動の評価である。指標のない状態では、活動の検証ができない。

やはり活動の結果を検証すべく、新しい環境指標をつくるべきだと思う。

自分の活動もまず指標を策定し、その評価を示しながら活動すべき。

大学や専門機関がつくるのではなく、環境活動を行っている多くの人が多方面から項目を提示し、その項目をレベル分けする。

環境指数マトリクスのようなものが良いとおもう。レベルも数値表示できるように、比較できる標準指標がほしい。

まずは、環境指標づくりが先ではないかと思う。
プロフィール

環境良夫

Author:環境良夫
「北海道の自然環境を学ぶホームページ」を運用しています。北海道の自然環境の現状について調査・分析をしています。どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。