スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回 自然エネルギーのプラスとマイナス (主催:環境の村エコセミナー)

第2回 自然エネルギーのプラスとマイナス (主催:環境の村エコセミナー)

12月6日(火) 18:00~20:00 エルプラザ2F

「太陽をエネルギーに」という題目でゲストに新保るみこさん(ひまわりの種の会)を迎えての講演があり、参加してきました。

太陽光発電の現状についていろいろな話を伺いました。
個人的に太陽光発電で気になっていた 1)冬季(積雪時期)の発電効率 2)蓄電池の性能や価格 3)買取価格 などについて回答を頂いた。

冬季の発電効率としては、江別市役所の実証実験結果では晴れの日の6割程度の発電が報告されているが、工夫次第で家庭でも冬季の発電は可能とのこと。

蓄電池に関しては現在いろいろと開発中とのことだが、まだまだコスト的には高い。

買取価格に関しては2010年は1kW=48円に対して2011年は1kW=42円。

太陽電池自体の性能も徐々に改善され、多少影が差しても発電しなくなるということがなくなってきている。

現在の問題点は、太陽光発電や風力発電などで採電地から送電する容量が小さい。
送電容量のため買取制度が出来ても、うまく利用できない家庭が出てくる。
スマートグリットがないため送電効率が悪い。送電網を再構築するためには莫大な費用がかかる。


スポンサーサイト
プロフィール

環境良夫

Author:環境良夫
「北海道の自然環境を学ぶホームページ」を運用しています。北海道の自然環境の現状について調査・分析をしています。どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。