スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域主導による再生可能エネルギー事業化促進に係る研修会

環境省主催の「 地域主導による再生可能エネルギー事業化促進に係る研修会」(札幌市)に10月28日・29日に参加してきました。

約20名が参加し、半分が自治体職員でした。また民間やNPOからの参加者は、まちエネ大学OBや周知の方も何人か見受けられました。(顔見知りが増えてきました。・・・・新規参入者が少ない!?)
2日間の関連セミナーとワークショップで、地域での再生可能エネルギー事業(再エネ)について見識を広げることが出来ました。
今後の再エネ進展に少しでも、貢献していきたいと思います。

DSCN7775.jpg


■地域で再エネを行う際の問題点・注意点
1)土地・リソースを提供しエネルギーはすべて中央が獲得する
2)地元にお金が落ちない ・・・ 固定資産税くらい、人も来ない
3)地域には専門家がいない・情報がない
4)関われる人材も少ない


■地域での再エネの目標
1)地域に長期間(永続的に)利点があることが前提
2)地産地消を考えた再エネが必要 ・・・ 再エネ・リソースの多様化
3)過疎化・人口減・少子化に対応することも前提


■対応策
1)まず官(自治体・行政)が旗を振る ・・・スターターとなる
2)近隣の自治体どうしの連携
3)情報の共有化と情報発信の多様化
4)地元の銀行などを活用した地域ネットワークづくり
5)シニア層を活用~少子高齢化・過疎化に対応


*何よりもコミュニケーションと交流の場が大切ということを実感。


スポンサーサイト
プロフィール

環境良夫

Author:環境良夫
「北海道の自然環境を学ぶホームページ」を運用しています。北海道の自然環境の現状について調査・分析をしています。どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。